ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立インフォメーションアカデミー人財育成ソリューション

フルオーダーメイドでも、カスタマイズでも。育成目標を達成できる、学習効果の高い研修を開発します。

最新の学習理論やラーニングテクノロジーに基づき、学習効果の高い研修のカリキュラムとコース開発を支援します。オリジナル開発からカスタマイズまで、お客様のご要望に合わせて研修用コンテンツ( 教材、演習課題など) を開発します。 また、研修品質を標準化するためのインストラクションガイドの作成や、研修実施環境の構築なども支援します。

ケース1:業務アプリケーション研修の開発・実施

取り組みの一例

お客様社内で業務アプリケーションを新規に開発・導入する際、多くの場合、関連する利用部門の方々への利用方法を教育する必要があります。
日立インフォメーションアカデミーでは、お客様・開発元との協力により、一連の実習コースを開発し、新システムへの移行、対応をスムーズに行うための支援として研修アウトソースもお受けしています。

ケース2:プロジェクトを意識した実践的なWebアプリケーション開発集中実習

システム開発作業とプロジェクト運営の実習を実務に近いスタイルでご提供します。

システム開発プロジェクト体験を、若手技術者向けの研修メニューとしてまとめてご提供します。サーバーサイドJavaを適用したWebアプリケーション開発プロジェクトを一通り体験することにより、要素技術の再確認はもとより、一連のシステム開発プロジェクトにおける留意点、各開発フェーズにおける折衝のポイントを修得していただきます。新人研修の総仕上げや、2~3年経過時の中堅技術者研修として最適です。

受講者による主体的な運営の場を提供し、プロジェクトマインドの醸成をねらいとします

 受講者を5~7人のプロジェクトチームに分け、実際のプロジェクト活動の体験を通して修得します。
  ●プロジェクト計画目標の設定 ●実装範囲の設定 ●稼動時間の管理

 講師側で上長、顧客の立場からアドバイスを行い、かつ技術サポートを行います。
  ●品質目標、リスク対策 ●進捗会議と報告の徹底 ●ドキュメントの標準化

人財開発コンサルテーション・研修企画の流れ