ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立インフォメーションアカデミー人財育成ソリューション

人財開発のこと、全て。

人財は企業の競争力の源泉であり、その価値を最大限に高めることが重要です。
そのためには人財育成の仕組みを構築し、運用することが必要不可欠。
日立インフォメーションアカデミーは、日立グループ内での数多くのコンサル実績を元に、人財育成の上流から下流まで、お客さまの事業戦略や事業課題に合わせながら、一貫した人財育成の仕組みづくりをご支援します。

人財育成の仕組みづくりの流れ

人財育成の仕組みづくりの流れ

① 人財育成調査・分析

人財育成は、事業戦略や人財戦略などの組織目標との整合を取って推進する必要があります。
事業環境などの分析結果も踏まえ、求める人財像、職種などを選定し、人財育成の全体像を立案します。

【対象】

人財育成制度が確立していない、または事業環境の変化による新たな課題を解決したいお客様

② 人財育成計画策定支援

人財が学び成長していくためには、明確な目標と成長を支援する仕組みが必要です。
求める人財像が備えるべきスキル、研修の全体像を表す研修フレームワーク、研修だけでは身に付かないスキルを経験により修得するためのキャリアパスなどの人財育成計画を策定します。

【対象】

人財育成制度が確立していない、または事業環境の変化による新たな課題を解決したいお客様

③ 研修ロードマップ作成支援

人財が自律的に学び成長していくためには、成長を支援する道標が必要です。
修得していくスキルの順序やバランスを考慮した長期的な視点に立った研修ロードマップ、喫緊の課題を解決するための重点育成研修ロードマップなどを作成します。

【対象】

  • 人財戦略や事業環境の変化に伴い、研修の見直しが必要なお客様
  • ターゲットを絞った短期育成を体系化したいお客様

④ PDCA定着化支援

個人が成長を実感することが、成長を加速します。また、成長の度合いに合わせて計画の見直しを行ったり、 組織として、人財配置のバランスの変化を確認し、役割を変えることも必要です。定期的にアセスメントを行い、 人財育成制度や推進計画などを見直すプロセスを定義し、人財育成を定着化し成熟させる仕組みを構築します。

制度の構築から研修選定等のコンサルティングまで、
人財育成部門の作業も含めご支援します。

一部のプロセスをすでに実施されているお客様は、ご希望のサービスだけを選択することも可能です。サービスに記載の無いご相談も承ります。