ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立インフォメーションアカデミー人財育成ソリューション

Case Study アイコン No.04 外国籍社員向け 疑問や不安の共有とネットワークづくりを支援する場の形成

当社講師:久保イメージ

L&D第二部 久保 陽子

近年、海外で活躍するグローバル人財の増加とともに、国内における外国籍社員の採用を強化する企業が増えています。また、性別・国籍・職歴・年齢・性的指向・価値観といった違いを「その人がもつ個性」と捉え、それぞれの個性を尊重し、従業員がさまざまなワークスタイルの中で活躍できるしくみ作りや風土の醸成が、組織に必要とされています。 その中で当社は、国内の企業・団体で働く外国籍社員が、いきいきと学び活躍するための機会の提供と、・・・

⇒続きを見る

Case Study アイコン No.03 職場における新たな価値創造の可能性を探る
~「ダイバーシティを推進するワークショップ」開催 ~

当社講師:坂上イメージ

ビジネス研修部 上席インストラクタ 坂上慶子

近年、市場の多様化の進展にともない、企業にとって、性別、年齢、国籍、身体状況などの違いをもつ多様な人財を認め・活用していくことが重要な課題となっています。また、働き方の多様性(育児・介護との両立など)、雇用形態や働く場所の多様性など、従業員がさまざまなワークスタイルの中で活躍できるしくみ作りも必要とされています。 従業員ひとりひとりが「ダイバーシティを正しく理解し、互いの違いを認め、受容し、・・・

⇒続きを見る

Case Study アイコン No.02 実業務の仮想体験<経験学習>による学びの定着促進
2016年度新入社員研修での取り組み事例

当社講師:内田イメージ

研修サービス部 GL部長代理 内田善規

近年、実際の経験を通し、それを内省することでより深く学べる、「経験学習」という考え方が注目を集めています。当社は、学習者に実際の業務に近い環境を設定・体験いただくことにより、より実務に近いスキル定着をめざすカリキュラムを、従来より提供してまいりました。2016年度にあるお客さま向けの新入社員研修で実施し、大変高い評価・・・

⇒続きを見る

Case Study アイコン No.01 職場のコミュニケーションギャップ解消・活性化に向けて
個人の行動特性に着目した研修事例

当社講師:吉岡イメージ

ビジネス研修部 技師 吉岡舞美

IT業界では、高度化・複雑化するステークホルダーの要求や長時間労働などのストレスにより、メンタルヘルスに不調をきたす社員が他業界よりも多い傾向にあります。特に職場における上司・部下間、メンバー間のコミュニケーションギャップが要因の一つと考えられています。
 当社ではこれまでもコミュニケーション強化を目的とした研修を実施してきましたが、・・・

⇒続きを見る