ページの本文へ

Hitach

株式会社 日立インフォメーションアカデミー公開コース

「eラーニング×集合研修」推奨コース学習要領

1.「eラーニング×集合研修」とは


・eラーニングと集合コースの両方の長所を生かし、学習効果を高めます
・集合コースでは、より実践に近い演習で、実務に活かせるスキルを修得します

「eラーニング×集合研修」説明部

「eラーニング×集合研修」のメリット

  • 事前にeラーニングを使って自分のペースで知識を学習できる
  • 集合研修の場で、自分の理解した知識が正しいかどうか確認できる
  • 集合研修で、学習した知識を応用できる
  • 受講者とディスカッションしながら、思考のストレッチができる
  • 受講後に、学習内容の復習ができる

従来の「教えられる学習」から「自ら学ぶ学習」へと、学習スタイルが、 受動から能動になることで、主体的かつ自立した学習者になることができます。

2.学習の進め方


 最初にeラーニングで知識学習をしていただき、その後、集合コースで自己学習した知識を応用する学習や実践演習を行います。(※反転学習)
 集合コースについている事前課題に取り組む際にeラーニングの知識学習を合わせて行うことで、効率よく知識学習ができるようになっています。
 eラーニングコース受講期間は3か月です。受講期間3分の1を目途に集合コースをご受講いただき、その後、知識の補完と復習にeラーニングを継続受講していただくのが効果的です。集合コースとeラーニングを同時に申し込むと、計画的に受講いただけます。
 以下に推奨スケジュールを紹介します。

学習の進め方

※反転学習とは
 従来の学習方法である、「教室で知識を学び、教室以外の場所で復習をして、知識の定着化を図る」形式を反転させ、「必要な知識は教室以外の場所で学び、教室では知識を応用した受講者同士のワークやコミュニケーションを通して、より深く学ぶ」学習形式のこと。
 事前の知識学習を「いつでも、どこでも」学習可能となる事で、学習を効率化することができる。また学びを知識だけにとどまらず、より実践に近い演習を通して、実務に生かすことができる。

3.「eラーニング×集合研修」一覧と事前課題のダウンロード


 「eラーニング×集合研修」の各コースで、事前課題のあるコースについては、「事前課題」列にリンク先を掲載しましたので、クリックしてダウンロードし、課題内容に取り組んでください。

●eラーニングコース一覧・集合研修事前課題 一覧

項番 コース
コード
コース名 時間数
/日数
事前課題に関する情報
1 HSE709 <eラーニング>【ナビ機能付き】WHYで学ぶアカウンティング(基礎知識編) 8時間 -
HSJ122 WHYで学ぶアカウンティング(実践演習編) 1日 download 事前課題ダウンロード
(pdf形式 96kb)
2 HSE701 <eラーニング>【ナビ機能付き】ビジュアル化技法の基本
-魅力的なビジュアル資料を作る-
4時間 -
HSJ155 プレゼンを生き生きさせるビジュアル化技法
- 相手を惹きつけるための資料作成 -
0.5日 download 事前課題ダウンロード
(pptx形式 262kb)
3 HSE711 <eラーニング>【ナビ機能付き】協創を生みだす交渉(基礎知識編) 4時間 -
HSJ145 協創を生みだす交渉(基礎演習編) 1日 download 事前課題情報
(pdf形式 707kb)
download
事前課題①
マッピングシート
(pdf形式 155kb)
download
事前課題②準備シート
(pdf形式 171kb)
HSJ146 協創を生みだす交渉(実践演習編) 1.5日 download 事前課題
(zip形式 103kb)
4 HSE064 <eラーニング>ロジカルライティング(基礎知識編) 6時間 -
HSJ160 ロジカルライティング(演習編) 1日 download 事前課題情報
(pdf形式 133kb)
download
メッセージ構造化シート
(pdf形式 180kb)
5 HSE070 <eラーニング>文書作成力向上トレーニング 8時間 -
HSJ161 文書作成力向上トレーニング(演習編) 1日 download 事前課題情報
(pdf形式 291kb)
6 SPE016 <eラーニング>実践!テストケース設計(テスト技法演習編) 8時間 -
SPJ051 実践!テストケース設計(テスト設計実践編) 1日 事前課題はありません