ページの本文へ

Hitach

株式会社 日立インフォメーションアカデミー公開コース

2016年10月18日

【開催決定】これからXDMシステムに携わる方へ「XDM関連研修」のご紹介!!

メインフレームシステムからオープンシステムへと言われて続けて数十年...。しかし、メインフレームシステムは資産となる多くのアプリケーションの移行がなかなか進まず、現在も多くの基幹システムを支えているのが現状です。
日立のメインフレームシステムであるVOS3システムの下で稼働する、データベース機能とデータ通信機能を統合したデータマネージメントシステムがXDMです。
このXDMは、ユーザの多様な業務アプリケーションに対応するため、定形業務向きの構造型データベースと、非定形業務向きのリレーショナルデータベースの両方を提供しており、しかもこれら2種類のデータベースに同一UAPからアクセスできるという優れものです。
弊社では、XDMシステムについて、これから携わるエンジニア向けに下記の2コースを開催いたしますので、ぜひこの機会にご活用ください。

XDMリレーショナルDB機能と設定

本コースでは、XDMリレーショナルデータベースシステムを構築する際に必要なデータベースの構造やその定義方法、データベースの管理や維持の方法を学習します。

  • 2016年11月10日(木) ~ 11日(金)(東京地区)

XDM/DCCM3機能解説とシステム運用

本コースでは、XDMによるオンラインシステムを構築、運用するにあたり必要なXDM/DCCM3のメッセージ制御機能とオンラインシステム運用のための機能を学習します。

  • 2017年1月19日(木) ~ 20日(金)(東京地区)