ページの本文へ

Hitach

株式会社 日立インフォメーションアカデミー公開コース

2015年10月02日

【Linux/OSS】「Linuxトラブルシューティング」と「Linuxで実現!セキュリティ対策手法の解説と実習」の2コースがRHEL6/RHEL7の両対応となります!

10月・11月は新たにRHEL6/RHEL7両対応になりました「Linuxトラブルシューティング」と「Linuxで実現!セキュリティ対策手法の解説と実習」を開催いたします。研修環境はRHEL6/RHEL7の両方をご用意、研修時に選択できるようになっています。この機会にぜひ新しくなった「Linuxトラブルシューティング」と「Linuxで実現!セキュリティ対策手法の解説と実習」をご活用ください!


「Linuxトラブルシューティング」

起動できなくなったLinuxシステムを起動するにはどうすればいいのか?ユーザがログインできなくなった際や、通信トラブルが発生した際の対処はどうすればいいのか?Linuxシステムにトラブルが発生した際の対処方法について、実際にマシンにトラブルを発生させ、復旧させるマシン実習を通して学習します。Linuxシステムを運用される方にお薦めのコースです。

  • 2015年10月26日~27日(東京地区)
  • 2015年10月29日~30日(広島地区)

「Linuxで実現!セキュリティ対策手法の解説と実習」

Linuxで構築するサーバや開発環境は年々増えており、さまざまなサービスが提供されています。それに伴い、システムは高度化し、セキュリティの運用は複雑化しています。
このコースでは、セキュリティで考慮すべきポイントを紹介し、最低限押さえておきたいセキュリティを確保したリモートアクセス(SSH)、パケットフィルタリング(Netfilter)、侵入検知(Snort)、ファイルの改ざんチェック(Tripwire)について、実際に設定をしながら学習します。

  • 2015年11月19日~20日(東京地区)