ページの本文へ

Hitach

株式会社 日立インフォメーションアカデミー公開コース

2015年07月01日

【AWS】講師がお薦めする!「AWS認定コース-Architecting on AWS(受験バウチャチケット付き)-」 AWS導入の現場経験をもとに、AWS上にシステムを導入する際のポイントをお伝えします!

「システムをAWS上に置けばサーバやストレージを自社で保有しなくていいので、運用管理コストやサーバ購入・リプレースのコストが削減できるようだ。よし、これからAWS上にシステムを移行しよう!」というユーザー様が増えています。AWSには仮想サーバをはじめとした非常に多くのサービス(コンポーネント)が存在しており、それらを組み合わせてシステムを構築していきます。その際、各サービスが適切に組み合わされることで、AWSの特徴であるスケーラビリティに富んだ高可用なシステムを構築できます。

AWS上に最適なシステムアーキテクチャで導入するための設計ルールを、ベストプラクティスを通して学習するコースが、AWS認定トレーニングの1つである「Architecting on AWS」コースです。


【担当講師のご紹介】

氏名:大塚康徳
所属:システム研修部
担当講座:AWS認定講座、Linux/OSS講座、UNIX講座(AIX)、クラウド仮想化講座(OpenStack、KVM)

私は「Architecting on AWS」コースを担当するに当たり、複数のAWS導入プロジェクトに参加 してきました。プロジェクトでは、お客さまからのご要望を元に、AWS上でシステムを実現する ための設計から構築までの一連の作業を担当。プロジェクトの各工程において、オンプレミスと AWSとの違いで陥りやすいポイント、特に設計で気をつけるべきポイントを数多く学びました。研修では実際の現場経験で得たAWSを導入する際のポイントも皆さまにお伝えしていきます。

「Architecting on AWS」コースは、AWS認定資格「ソリューションアーキテクト アソシエイト レベル」に対応したコースで、当社では受験用のバウチャチケット付きでご提供しています。 受験対策としても、是非、ご活用ください!

また、「Architecting on AWS」の内容を効果的に修得して頂くには、前提コースである「Amazon Web Services 実践入門1-1日で学ぶ、AWSクラウド活用-」と「Amazon Web Services 実践入門2-AWSクラウドのサービス実践編-」コースにて、主要サービスを理解し、構築・運用方法を学んでおく事を強くお薦めします。未受講の方は、ぜひあわせて受講をご検討ください!


「Architecting on AWS(受験バウチャチケット付き)」

  • 2015年7月27日(月)~29(水)(東京地区)
  • 2015年8月26日(水)~28(水)(東京地区)
  • 2015年9月16日(水)~18(水)(東京地区)

「Amazon Web Services 実践入門1-一日で学ぶ、AWSクラウド活用-」

  • 2015年8月3日(月)(東京地区)
  • 2015年8月21日(金)(東京地区)
  • 2015年9月3日(木)(東京地区)

「Amazon Web Services 実践入門2-AWSクラウドのサービス実践編-」

  • 2015年8月4日(火)(東京地区)
  • 2015年9月4日(金)(東京地区)