ページの本文へ

Hitach

株式会社 日立インフォメーションアカデミー公開コース

2015年05月28日

RHEL7/6両対応のLinuxシステム管理をマシン実習で修得!UNIX/Linuxの基本操作を修得したい方向けの基礎コースも開催します!

6月・7月のLinuxシステム管理コース(前編/後編)は、RHEL7対応となっています!

RHEL7ではブート、ネットワーク、ファイルシステムなどが大幅に変更されたため、システム管理者はその違いを押さえておく必要があります。是非、最新のRHEL7を使用する方はLinuxシステム管理(前編/後編)をご活用ください。
なお、本コースの研修内容はRHEL6にも対応しており、演習はRHEL6と7のどちらのバージョンでもできますので、RHEL6をご使用の方にもお薦めです。 また、UNIX/Linuxの基本操作から学習したい方向けにはUNIX/Linux 基礎のコマンド編・シェルスクリプト編を6月に開催します。

これからUNIX/Linuxを使用する方は、是非、こちらもご活用ください。


「Linuxシステム管理 前編-Linuxインストールとシステム/ネットワーク管理の基礎-」

Linuxシステムを運用・管理するにあたり、まず押さえておきたいのがネットワーク管理やユーザ・グループ管理、パッケージ(ソフトウェア)管理、ログ管理、そしてバックアップとリストアなどです。
IPアドレスの設定方法、ユーザの登録方法、パッケージ(ソフトウェア)のインストール方法など、このコースではLinuxシステムのインストールからシステムのバックアップ・リストアに至るまで、Linuxシステムを運用・管理するにあたり、まず押さえなくてはいけない内容を、マシン実習を通して学習します。これからLinuxシステムを運用・管理される方にお薦めのコースです。

  • 2015年7月28日~29日(東京地区)

「Linuxシステム管理 後編-システム起動の仕組みとディスク管理技術-」

Linuxシステムを運用・管理するにあたり、Linuxシステム起動時のGRUBメニューの操作や、Linuxのデフォルトのディスク管理機能であるLVMを理解・操作できることは重要です。また、仮想化・クラウド環境が増加する中、外部ストレージとしてiSCSIが利用される場面も増えているため、LinuxにおけるiSCSIを理解・操作できることが重要になってきています。 このコースでは、GRUBの設定方法とGRUBメニューの操作方法、LVMにおける各種用語の意味とLVM運用・管理方法、そしてiSCSIの運用・管理方法を、マシン実習を通して学習します。Linuxシステムを運用・管理される方にお薦めのコースです。

  • 2015年6月30日~7月1日(名古屋地区)
  • 2015年7月6日~7日(大阪地区)
  • 2015年7月30日~31日(東京地区)

「UNIX/Linux 基礎-コマンド編-」

UNIX/Linuxを使用するにあたり、まず押さえなくてはいけないことはファイルやディレクトリの指定方法であるパスの考え方です。このコースではまず、そのパスの考え方について、マシン実習を通してしっかり押さえていただきます。その後、基本的なコマンドの機能や使用方法、viエディタの使い方、保護モード(アクセス権限)の設定方法、そしてネットワーク関連コマンドなどを、マシン実習を通して学習します。UNIXおよびLinux OSをこれから使用される方にお薦めのコースです。

  • 2015年6月22日~24日(東京地区)

「UNIX/Linux基礎-シェルスクリプト編-」

ユーザプロファイルなど、UNIX/Linuxのシステム(ユーザ)設定ファイルの多くはシェルスクリプトで作成されています。UNIX/Linuxを管理するシステム管理者はもちろん、システムを利用する一般ユーザもそれらの設定ファイルを読むことができ、また、必要に応じて変更できることは重要です。
このコースでは、POSIXシェル、Kシェル、bashによるシェルスクリプトの読み書きに必要なシェルの機能を学習します。また、マシン実習を通し、さまざまなシェルスクリプト作成に取り組み、基礎的なプログラミング技術を修得します。

  • 2015年6月25日~26日(東京地区)