ページの本文へ

Hitach

株式会社 日立インフォメーションアカデミー公開コース

2015年04月27日

【ドラッカー】ドラッカーのマネジメントで個人と組織を強くする

ドラッカーは現代社会最高の鉄人、マネジメントの父とも呼ばれます。 彼の思想は、先の見え難い現代社会の中で個人や組織がいかなる行動をとるべきかについて多くの示唆を与えてくれます。

今、現場ではこのような悩みはありませんか?

  • なぜ社員がばらばらで同じ方向を向かないのか
  • なぜ個人の力を組織内で十分に生かしきれないのか
  • なぜ努力をしている割に成果が出にくいのか
  • なぜイノベーションに遅れをとってしまうのか

この答えはドラッカーカリキュラムで見つけることができます。
本コースより、

  • 時代の変化をチャンスと捉え、分析し対応する力を修得できます。
  • 成果指向の実践行動につながる理論を学べます。
  • マネージャとしての判断軸と実行力の強化が図れます。

*ドラッカーカリキュラムは、クレアモント大学院大学ドラッカー研究所よりライセンスを受け、日立インフォメーションアカデミーが提供いたします。

「(PDU)ドラッカーの思想体系概要及び事業の定義と行動への展開」

  • 2015年7月8日~9日(東京地区)

「顧客は誰か」「顧客へ提供する価値は何か」「我々の強みは何か」「組織のビジョン、ミッション、目標/目的、戦略をどう定義するか」などドラッカー思想の原点とマネジメント体系の概要を学びます。また、「目標による管理」(MBO)の本質を理解し、本来の活用方法ついて学びます。


「(PDU)ドラッカーのリーダーシップと成果を上げるマネジャー」

  • 2015年7月13日~14日(東京地区)

成果をあげるためには、マネージャは仕事そのものの生産性を高めるとともに、仕事をする人のモチベーションを高め、組織を通じた貢献を促すことが必要です。ここでは、現代ビジネスパーソンが知識労働者としていかなるスタンスに立ち何を行なわねばならないのかをドラッカーの教えるリーダシップとマネジメントを意識しながら学ぶ事によって明らかにしていきます。また、マネージャとして「成果を上げるためには何をすべきなのか」、この課題について、ドラッカーの具体的な方法論を学びます。


「ドラッカーのイノベーションと起業家精神」

  • 2015年8月21日(東京地区)

ドラッカーの『イノベーションの機会発見の方法』を学び、自分自身の事業においてイノベーションの機会を発見する習慣を作る方法を学びます。また、職場での明日からのイノベーションのために自身の事業において体系的・組織的にイノベーションを実践する仕組みを考えます。

関連リンク