ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立インフォメーションアカデミー公開コース

Microsoft Azure認定資格講座のご紹介

1.はじめに

 クラウドコンピューティングの拡大は、ICTシステムの在り方を変え、技術者に求められる知識も変えています。まさに現在はクラウド時代といえるでしょう。
 クラウド時代の技術者は、クラウドコンピューティングに対する豊富な知識が求められます。しかし、クラウドコンピューティングは広範囲な知識を必要とするため、体系的に技術力を高めていくことは、非常に困難です。
 そこで、マイクロソフト認定資格(Microsoft Certified Professional : MCP)に対応した講座を利用し、体系的に技術力を高める方法はいかがでしょうか?当社では、Microsoft AzureのMCPに対応した講座を開講しております。これらのコースをご受講いただくことで、クラウドコンピューティングや、Microsoft Azureに対する技術力を体系的に高めることができます。また、Microsoft AzureのMCPを取得することで、高めていただいた技術力を資格で証明し、外部に示すことができます。ぜひ当社のMicrosoft Azure研修をご利用ください。

担当講師 東 義一イメージ

担当講師 東 義一

2.MCPとは

 MCPとは、システムエンジニア、システムインテグレータ、コンサルタント、プログラマ、トレーナーなど、コンピュータや情報システム関連の技術者を対象とした、マイクロソフト製品の技術的知識に関する認定資格制度プログラムです。
 「MCP 70-533 Microsoft Azureインフラストラクチャソリューションの実装」資格に合格することで、MCS(Microsoft Certified Specialist): Implementing Microsoft Azure Infrastructure Solutionsを取得できます。

3.Microsoft Azure認定資格講座の体系図

 当社では、Microsoft Azure認定資格対応講座として、以下のコースをご用意しております。
(下記コースをクリックするとコース詳細の表示、お申し込みができます)

Microsoft Azure認定資格講座の体系図イメージ

Microsoft Azure概説 【短縮版】Microsoft Azure インフラストラクチャ ソリューションの実装