ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立インフォメーションアカデミー

MCPロゴ

マイクロソフト認定資格は、Microsoft テクノロジにおける専門知識を証明するものです。マイクロソフト認定プロフェッショナルは、コミュニティ リソースやツールにアクセスして、仲間とアイデアを交換して自身の知識やスキルを高めたり、キャリアの可能性を広げたりできます。

種類 説明
MCSE
(マイクロソフト認定ソリューションエキスパート)
ITプロフェッショナル向けの世界的に認められた資格
内部設置型とクラウドの両方で、複数のテクノロジにわたる革新的なソリューションを構築する能力を実証します。
MCSD
(マイクロソフト認定ソリューションデベロッパー)
優れた開発者向けの世界的に認められた資格
従来のプラットフォーム境界を越えてソリューションを設計および構築できる能力を証明します。
MCSA
(マイクロソフト認定ソリューションアソシエイト)
プロフェッショナルなキャリアのためのスキル
ITキャリアを築くのに必須となる主要なスキルを獲得している事を証明しましょう。
MTA
(マイクロソフト認定テクノロジアソシエイト)
ITの基礎
テクノロジの基本的な概念に関する知識を実証するには、ここから始めます。
※ MTA試験はMCP認定資格を与えるものではなく、MCSAやMCSE認定資格の前提条件でもありません。
  • 日立講習会では、マイクロソフト認定資格に対応したコースを提供しています。
試験番号 資格試験 対応コース
70-740 Installation, Storage, and Compute with Windows Server 2016 ※下記コースは、各試験対応のマイクロソフト認定コースより、内容の一部を抽出し、再構成したコースです。そのため、下記コースにより、各試験範囲の一部に対応します。
MSJ048 実践!Windows Server 2016によるインフラ構築演習
70-741 Networking with Windows Server 2016
70-742 Identity with Windows Server 2016
70-744 Securing Windows Server 2016 ※下記コースは、各試験対応のマイクロソフト認定コースより、内容の一部を抽出し、再構成したコースです。そのため、下記コースにより、試験範囲の一部に対応します。
HSJ049 【短縮版】Windows Server 2016のセキュリティ

マイクロソフト社各種認定資格の詳細・最新情報は、マイクロソフト社のホームページにてご確認ください。