ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立インフォメーションアカデミー公開コース

EC-Council 認定資格

EC-Council認定資格は、EC-Council International(以下、EC-Council)が「情報セキュリティ技術者として、一定水準以上の技術力を持つこと」を認定する資格です。

EC-Councilの認定トレーニングコースは700箇所以上のトレーニングパートナーを通じて世界中で提供されており、累計18万人以上の情報セキュリティ専門家を認定しています。

主な資格

主な資格

主な資格 説明
CEH
(Certified Ethical Hacker)
攻撃者が用いる攻撃手法やツール、標的にされやすい脆弱性に精通した、高度なセキュリティ技術者(ホワイトハッカー)であることを認定する資格です。幅広い業務に応用でき、他の資格の基礎となる資格です。
CHFI
(Computer Hacking Forensic Investigator)
攻撃の痕跡や侵入者の足跡を見つけ出し、それを保全しつつ、必要な証拠を正しく集めるスキルを持つ技術者(コンピュータハッキング痕跡調査員)を認定する資格です。
ECSP
(EC-Council Certifi ed Secure Programmer)
安全で改修しやすいプログラムを設計し、コーディングする技術を持つソフトウェア開発者(セキュアプログラマー)を認定する資格です。

対応するコース

  • 日立講習会では、CEH、CHFI、ECSPに対応した同名のコースを提供しています。*
  • 資格試験および対応コースは、随時変更される可能性があります。
  • 推奨受講パス(順序)は、セキュリティ講座のコースフローに掲載しています。
*
本コース群は、グローバルセキュリティエキスパート株式会社(以下、GSX社)主催のコースであり、研修会場もGSX社の会場です。

EC-Council認定資格・コースの最新情報は、GSX社のホームページにてご確認ください。