ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立インフォメーションアカデミー

iCD対応研修コースマップについて

情報処理推進機構(IPA)が提供する「i コンピテンシ ディクショナリ」(通称iCD)が定義する、企業においてITを利活用するビジネスに求められる業務(タスク)を遂行するために必要な知識・スキルを学ぶことができる当社の研修コースをレベル別に対応づけました。受講者が強化する業務(タスク)について、本コース一覧を活用して必要な研修をご受講ください。

なお、iCDの詳細は、IPAの下記URL「i コンピテンシ ディクショナリについて」をご参照ください。


また、iCDに対応した研修コースの情報を「iCD活用システム」および「iCDオフィシャルサイト」で公開しています。iCD活用企業は、この情報を使って、タスク診断~タスク実行能力向上までをiCDで実現できます。IPAの下記URL「iCDオフィシャルサイト」をご参照ください。


iCD対応研修コースマップの使い方

  1. タスク列のフィルタ機能を用いて、研修を探したいタスク(大分類・中分類)を選択する。
  2. レベル列のフィルタ機能を用いて、受講対象とするコースのレベル※注を選択する。
  3. コースコード列のリンクより、コースの詳細を確認する。開講状況列の値が"別途案内"となっているコースは、該当期に開催がない可能性があります
※注
各レベルに配置されている研修コースは、該当タスクの遂行レベルを上げるために必要な知識・スキルを修得するための研修コースです。例えば、「レベル3」の研修コースは、該当タスクをレベル3にあげるために受講していただく研修コースです。
レベル コース概要 対象者
1 該当タスクの概要や、関連する基礎知識等を理解することをねらいとしたコース 指示された業務遂行に必要な前提知識等の修得をめざす方
2 該当タスクを遂行する上で必要な知識、およびその知識を活用するために必要な技術を提供するコース ルーチン等、決まった手順・方法による業務遂行(特定業務を任されること)をめざす方
3 該当タスクの工夫、改善、洗練化等をめざし、ケーススタディ等による実践的な知識や、技術の適用方法等のノウハウを提供するコース 複合的な技術・知識を要する業務遂行をめざす方。業務上の課題の検出や、解決策を導出したい方
4 該当タスク、あるいは業務、技術分野等のプロフェッショナルをめざす人に対し、技術、知識を提供するコース プロフェッショナルとして業務をリードする方。経験に基づくノウハウをまとめ、後進育成等行う方