ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立インフォメーションアカデミー公開コース

脳科学知見に基づき効果的な学びを実現するeラーニングコース

近年、効率的な学習形態を実現するeラーニングの普及が著しいなか、その学習効果をより高めることが求められています。

当社では、これまでもアニメーションの活用など取り組んできましたが、新たな施策として、2016年10月より、脳科学知見の適用を推進しています。

脳科学知見の適用とは

脳科学は、記憶・学習に直結する「脳」の機能に関する学問であり、学習効果と関連のある研究も数多く行われています。
記憶のメカニズムに関する研究から、学習には「注意」と「情動(一過性の心の状態)」が関わっており、人の注意を引き、情動に響くものは記憶に残りやすい、ということが分かっています。

そこで、「注意」と「情動」を中心とする、学習に適用できる知見の収集・整理を、(株)日立製作所 基礎研究センタとの共同作業により進め、より実効性が高いと思われるものを抽出し、「コース開発指針」としてまとめました。
そして、開発指針をeラーニングの開発工程に適用した「eラーニング開発ガイド」を用いて、コース開発を行っています。これにより当社のeラーニングコンテンツは脳科学知見に基づいた、記憶に残りやすい、高い学習効果が得られるものになっています。

受講データからわかる脳科学知見の有効性

長時間のコンテンツは集中維持することが難しいイメージがあります。
当社でも、時間が長い動画ほど、途中で飽きてしまい、学習をやめてしまう受講者が多いと、想定していました。
しかし、当社動画コンテンツの再生完了率(最後まで学習して100%)を調査したところ、動画の長さと再生完了率の相関は弱く、全体にバラついていました。

そして、再生完了率が高いグループの動画と、低いグループの動画とを比較すると、再生完了率が高いグループの動画は脳科学知見が適用されており、低いグループは適用されていませんでした。
このことから、実際の受講データからも、脳科学知見が有効であることがわかります。

ナビ機能付きeラーニングの特長

脳科学知見の適用例

脳科学知見の適用のうち、代表的な取り組みを2つ、ご紹介します。

(1) Visual Cue(視覚的手がかり:矢印、ハイライト、枠等)による注意の獲得

「視覚的手がかりがあった方が学習効果が得られる」「手がかりがあるほうが凝視時間が延びる」といった知見から、学習ポイントに、視覚的手がかり(「矢印」「ハイライト」「枠」等)を用いています。
下記例では、説明に合わせて、ポイントを枠で囲み、注意を促しています。再生して、その違いを実感してください。

知見(1) 非適用例 知見(1) 適用例

(2) 講師映像の表示・情動に訴える教え方による情動の喚起

「人間的な動作をするエージェントがいると学習効果が高まる」「情動を喚起させると記憶に残りやすい」といった知見から、講師映像の活用に取り組んでいます。
下記例では、講師がeラーニングの画面に登場し、感情を込めて語りかけるような口調で説明することにより、情動(親近感・一体感)を喚起しています。再生して、その違いを実感してください。

知見(2) 非適用例  知見(2) 適用例

脳科学知見適用コースのご案内

2017年度より、動画を扱う全てのコースへの、知見適用を進めています。

●脳科学知見適用コース(2017年7月時点)

コースコード コース名

日立製品

DBE330 <eラーニング>【マシン演習付き】HiRDBバックアップリカバリとクラスタリング

ビッグデータ

DBE027 <eラーニング>【学び直し】R入門 - Rによるデータ分析 -
DBE701 <eラーニング>【ナビ機能付き】ビッグデータ概説

システム基盤

DBE708 <eラーニング>【ナビ機能付き】速習!1日でわかるデータベース設計の基礎

アプリケーション開発

OJE703 <eラーニング>【ナビ機能付き】Javaプログラミング2 - 基本クラス編 -
CCE005 <eラーニング>C言語プログラミング2-ポインタ実践編-
CCE701 <eラーニング>【ナビ機能付き】C言語プログラミング1(前編) - 制御文と関数を学ぶ -
CCE702 <eラーニング>【ナビ機能付き】C言語プログラミング1(後編) - データ構造とポインタを学ぶ -

IT基本

SJE705 <eラーニング>【ナビ機能付き】SAN概説

ビジネス/ヒューマン

HSE035 <eラーニング>【学び直し】ロジカルシンキング基礎 - 論理の可視化と論理チェックのポイント -
HSE036 <eラーニング>QFD(品質機能展開)で学ぶマトリクス表の上手な使い方 - マトリクス表を使って「決める」を考える -
HSE037 <eラーニング>TRIZで学ぶ発想のパターン - 科学的な強制発想法 -
HSE038 <eラーニング>【学び直し】ロジカルライティング(基礎知識編)
HSE039 <eラーニング>【学び直し】ロジカルプレゼンテーション基礎
HSE041 <eラーニング>【学び直し】報連相のためのビジネスコミュニケーション基礎
HSE042 <eラーニング>【学び直し】リスニング力を高めてコミュニケーションスキルアップ
HSE043 <eラーニング>【学び直し】アサーティブ・コミュニケーション
HSE045 <eラーニング>【学び直し】メンバーシップとチームワーク
HSE046 <eラーニング>【学び直し】リーダシップの原理・原則
HSE047 <eラーニング>【学び直し】コーチング基礎
HSE048 <eラーニング>データ分析手法の理論と適用
HSE049 <eラーニング>ビジネススキル基礎
HSE064 <eラーニング>ロジカルライティング(基礎知識編)
HSE701 <eラーニング>【ナビ機能付き】ビジュアル化技法の基本 - 魅力的なビジュアル資料を作る -
HSE702 <eラーニング>【ナビ機能付き】協創を生みだす交渉(基礎知識編)

★「<eラーニング>【ナビ機能付き】速習!1日でわかるデータベース設計の基礎」のご紹介

クロマキー合成(映像の一部に、別の映像を合成する技術)を取り入れ、講師の挙動と説明資料とを同期させることで、学習者の注意の獲得と情動への働きかけを、より効果的にしています。
また、コース内の演習では、受講者から多く質問される事項をピックアップし、動画の中で受講者役の人物が講師に質問し、対話形式で解説を進めることで、情動に働きかけています。

適用コース サンプル映像1

★「<eラーニング>ビジネススキル基礎」のご紹介

学習の節目にクロマキー合成による講師映像を盛り込み、受講者に向けて問いかけ、学習を促します。 挨拶、名刺交換、プレゼンテーション等、ビジネススキルのデモンストレーション動画や、文書作成のミニ演習等、ビジネススキルに対する理解を深め、知識定着に結びつける工夫を随所に取り入れています。

適用コース サンプル映像2

2016年10月~2017年3月の受講者アンケートによると、脳科学を適用したコースのほうが、わかりやすさや満足度の観点で、高い評価を得ています。
これからも、脳科学知見に基づいた、記憶に残りやすい、高い学習効果が得られるeラーニングの提供を進めてまいります。

学習利用環境

(1)クライアントPCの動作環境

eラーニング利用には、以下のPC、Web 環境が必要になりますので、ご確認ください。

【重要なお知らせ】
マイクロソフト社のサポートポリシー変更に伴い、2016年1月12日(米国時間)より、当社eラーニングサービスで動作をサポートするInternet Explorerのバージョンは、Windows OSで利用できる最新バージョンのみとなります。

◆画面サイズ ・High Color(16bit)(65,532色) 以上
・XGA(1,024×768ドット)以上
◆ハードウェア環境 ・下記ソフトウェア環境が問題なく動作する
・サウンドボード
・ヘッドホンまたはイヤホン ※1
◆ソフトウェア環境 ※6

・OS:Microsoft Windows 7/8.1 日本語版
・ブラウザ ※2 :Microsoft Internet Explorer 11 ※3
・プラグイン:Adobe Flash Player 22、Adobe Acrobat Reader XI/DC ※4

◆ネットワーク インターネットに接続可能な環境(1.5Mbps以上の回線を推奨) ※5
※1
音声付の教材を提供しておりますので、サウンドボードの装備、ヘッドホンまたは、イヤホンのご利用を推奨します。コースによっては、音声が必須の場合があります。
※2
Internet Explorer以外のブラウザは、動作保証外とさせていただきます。
※3
ご利用にあたって、ブラウザの設定が必要です。設定方法は、こちらをご参照ください。Microsoft Windows 8.1 は、デスクトップ版のみサポートしています。
※4
「Adobe Flash Player」、「Adobe Acrobat Reader」は、無償のプラグインです。お持ちでない方は、Adobe Systems 社のホームページからダウンロードしてください。
※5
通信回線料は、お客さまのご負担でお願いいたします。
※6
コースによって、ディスプレイ解像度、ブラウザのバージョンに上記以外の制限があります。

(2)ご利用時間

eラーニングのサービス時間は、毎日06:00~24:00となります。00:00~06:00までは、メンテナンスのためご利用できません。ご了承のほどお願いいたします。

〈eラーニングサービス〉お問い合わせ先