ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立インフォメーションアカデミー公開コース

トレーニング受講券

マイクロソフト社とソフトウェアアシュアランス(SA)契約をされ、マイクロソフト社が提供するトレーニング受講券をお持ちの方は、トレーニング受講券を利用することで、日立講習会で提供しているマイクロソフト認定コース(MSU)を、無料でご受講することができます。その場合は対象コースの日数分のトレーニング受講券が必要になります。
トレーニング受講券についてさらに詳しく知りたい方はマイクロソフト社のWebサイトをご覧ください。

トレーニング受講券 対象コース

日立講習会で開催しているMSUコースは以下の通りです。内容を一部省略し、日数を短縮して提供しているコースもあります。

日立講習会 MSU
分野 コース
コード
コース名 日数 MSU
コード
MSU
コース名
Windows Server 2012 MSD037 Active Directoryの管理 2日間 23410B
 
23411B
23412B
 
Windows Server 2012 のインストールおよび構成
Windows Server 2012 の管理
高度なWindows Server 2012サービスの構成
MSD038 グループポリシーによるユーザーデスクトップ環境の管理 1日間
MSD039 Windowsによるネットワークサーバー構築-DNS、DHCP- 1日間 ※Windows Server 2012分野のコースは、上記MSUコースから一部を抜粋して使用しています。
Windows 8 MSD040 Windows OS標準クライアント環境の構築と展開 1日間 23411B
23687B
23688A
Windows Server2012の管理
Windows 8の構成
Windows 8の管理と保守
※Windows 8分野のコースは、上記MSUコースから一部を抜粋して使用しています。
  • * ご希望コースの日数に対し、必要となるトレーニング受講券の日数が不足している場合は、差額をご負担いただきます。

お申込方法

  • 専用の申込書でのお申し込みとなります。
  • お申し込みにあたっては、お手数ですが、下記にお問い合わせください。
  • なお、日立インフォメーションアカデミーのホームページからのお申し込みや、通常の「日立講習会申込書」でのお申し込みの場合は、本サービスの適用外とさせていただきますので、ご了承のほどお願いいたします。

ご利用にあたっての注意事項

  • トレーニング受講券番号は、お客様内のお申込責任者(またはトレーニング受講券管理者)の方から受講者に割り当てられます。受講者に割り当てられたトレーニング受講券番号はご本人のみの使用に限られるため、代理受講はできません。
  • ご希望のコースに対し、必要なトレーニング受講券の日数が不足している場合は、差額をご請求いたします。ご請求書は、お申込受付後、お申込責任者の方に郵送いたします。
  • トレーニング受講券には有効期限があります。トレーニング受講券番号を割り当てられてから、180日以内にお申し込み、および受講を完了する必要があります。
  • ご都合によりキャンセルまたは日程変更される場合は、講習会開始日の10営業日前までに「変更/キャンセル連絡票」に必要事項をご記入のうえ、お申込先までメールまたはFAXにてご連絡ください。
  • <キャンセル>
    所定のキャンセル手続きがなされた場合は、マイクロソフト社から提供されるツールを使用し、トレーニング受講券を返却いたします。返却後のトレーニング受講券の使用に関する責任は負いかねますので、ご了承ください。
  • <日程変更>
    変更後の日程がトレーニング受講券の有効期限内であれば日立講習会申込受付窓口にて日程変更の調整を行います。
  • 受講当日に欠席された場合は、トレーニング受講券のご返却はできませんので、ご了承ください。
  • ご希望のコースが最少開催人数に達しない場合には、やむを得ず中止にさせていただくことがあります。あらかじめご了承ください。その場合には日立講習会申込受付窓口よりご連絡いたします。
  • その他割引、およびキャンペーン等とは併用できません。