ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立インフォメーションアカデミー公開コース

日立講習会のうち、日立製品研修は、株式会社日立製作所(以下、「日立」といいます。)が提供する研修サービスです。株式会社日立インフォメーションアカデミー(以下、「日立IA」といいます。)は日立からの委託を受けて日立製品研修の実施・運営を行い、また、日立製品研修の申込み受付、請求書発行および受講料の受領については日立の代理人として対応します。日立製品研修のご受講に際しては、「株式会社日立製作所個人情報保護に関して(保護方針と要旨)」、「株式会社日立インフォメーションアカデミー個人情報保護に関して」、および本規約の「日立製品研修受講規約」をご了承のうえ、お申し込みください。

日立講習会のうち、IT/ビジネス研修は、日立IAが提供する研修サービスです。IT /ビジネス研修のご受講に際しては、「株式会社日立インフォメーションアカデミー個人情報保護に関して」、および本規約のうち「IT/ビジネス研修受講規約」をご了承のうえ、お申し込みください。

■日立製品研修受講規約

1.日立製品研修

 日立製品研修は、日立が指定する研修施設・設備を利用して開催する集合研修、およびeラーニング等の総称であり、日立製品研修ガイドに記載されたもの、またはその他日立が指定するものに限られます。ただし、日立は、これらを予告なしに追加、変更または廃止することがあります。

2.お申し込み・開催延期/中止

 日立製品研修の受講お申し込みについては、「お申込方法-集合研修e-ラーニング」に定めるとおりとしますので、ご参照ください。日立製品研修は本サイトに記載されている日程で開催されますが、日立がこの日程で都合のつかない場合には「日立講習会受講ご案内」(受講券)に記載する別の日程で開催するものとします。日立はお申し込み済のお客様に対して少なくとも5営業日前の予告をもって日立製品研修の開催を延期または中止をする権利を留保します。

3.受講料・消費税

 本サイトに記載されている受講料は、少なくとも開始日の10営業日前までに書面(電子メールを含みます。)による通知で変更される場合があります。日立製品研修の受講料は開始日における日立所定の受講料が適用されます。お客様のお申し込みを日立IAがお受けした後に、受講料が変更され新受講料が発効される場合は、お客様が当該お申し込みを、少なくとも開始日の5営業日前に書面により取り消さない限り、新受講料が適用されます。受講料には日立製品研修で使用する教材の代金および機械使用料を含みますが、ご受講者の交通費および宿泊費は含みません。日立製品研修の受講料に課せられる消費税等の租税公課は、お客様のご負担とします。なお、消費税率等が変更になった場合は、日立製品研修の開始日時点の新税率を適用した金額となります。

4.受講料のお支払いおよび返金

 受講料につきましては法人のお客様は日立製品研修ご受講後のお支払い(後払い)、個人のお客様はご受講前のお支払い(前払い)になります。日立製品研修の受講料は、お客様が日立IAからの請求書を受領後、お振込指定期日までにお支払いいただくこととします。前払いのお客様でお振込指定期日までにご入金の確認ができなかった場合は、ご受講できないことがあります。お振込手数料は、お客様のご負担とします。日立製品研修が、日立の責に帰すべき事由で中止された場合で、すでに前払いにて受講料をお支払いいただいている場合には、お振込みいただいた受講料を返金いたします。

5.キャンセル料

 キャンセル料発生日前日までにご受講お申し込みのキャンセルお申し出があった場合は、キャンセル料は発生いたしません。また、すでに前払いにて受講料をお支払いいただいている場合は、お支払いいただいている受講料からお振込手数料を差し引いた金額を返金いたします。キャンセル料発生日以降にキャンセルのお申し出があった場合はキャンセル料が発生いたします。前払いの場合はお支払いいただいた受講料は返金いたしません。また、後払いの場合は受講料全額を請求いたします。
 キャンセル料発生日はお申し込みになられたコースによって異なりますので、詳しくは「お申込方法-集合研修e-ラーニング」の「変更・キャンセル」の項をご覧ください。

6.責任の制限

 日立は、日立製品研修ガイドに記載された範囲(講座の内容等)で日立製品研修に関するテキスト教材、eラーニングコンテンツ等(以下、「日立製品研修教材等」といいます。)の更新と提供を行います。ただし、日立は、これらのサービスの有用性、目的適合性、正確性その他一切の結果を保証するものではありません。また、日立製品研修教材等もしくは日立製品研修における質疑応答の内容を合理的範囲で正確性を保つように努力するものとしますが、すべての誤りが訂正されることを保証するものではありません。また、日立はサービスを提供するにあたり、インターネット、データセンター、クラウドサービス等を利用しています。日立は、商慣習において合理的な努力を払って本サービスを提供しており、日立および日立IAの責に帰すことができない事由によるサービス提供の停止については、損害賠償その他いかなる責任も負わないものとします。

7.著作権・その他知的財産権

 日立が日立製品研修で提供または使用を許諾する文書・印刷物・ソフトウェア・Webサイト・コンテンツ等(以下「日立製品研修提供資料等」といいます。)の著作権またはその他知的財産権は、すべて日立または日立IA、または日立がテキスト教材、eラーニングコンテンツ、本サイトに記載する第三者に帰属しており、お客様は日立の事前の書面による許諾がない限り、いかなる形態においても日立製品研修提供資料等の全部、または一部について転載および複製並びに改変を行ってはならず、また日立製品研修提供資料等を第三者へ開示または提供(貸与や使用許諾を含みます)もしくは譲渡してはならないものとします。

8.損害賠償

 日立製品研修に関してお客様が被った損害に対する日立の損害賠償責任は、債務不履行、法律上の瑕疵担保責任、不当利得、不法行為、その他請求原因・訴訟形態のいかんにかかわらず、お客様に当該日立製品研修の受講料としてお支払いいただいた金額を限度とします。日立は、いかなる場合にも逸失利益、無体物に生じた損害、第三者からお客様に対してなされた損害賠償請求に基づく損害、特別損害等について、一切責任を負わないものとします。なお、日立は、当該損害賠償責任に代えて、日立が合理的と判断した日立製品研修の再提供を行うことができるものとします。

9.暴力団等の排除

 日立は、お客様またはその関係者が次の各号のいずれか一つに該当したときは、お客様へ何ら催告することなく、直ちに本契約を解除することができるものとします。
 ①日立および講師等の指示に従わないとき、または他の受講者に迷惑になるような行為、言動を行ったとき。
 ②公序良俗に違反、または犯罪に結びつくおそれのある言動を行ったとき。
 ③日立または日立の利害関係者へ誹謗中傷をしたと認められる事実があるとき。
 ④暴力団員、準構成員、暴力団関係企業、特殊知能暴力団その他これに準じる者、またはこれらの者と密接なかかわりを持つ者であることが判明したとき。
 ⑤自ら、または第三者を利用して、暴力的な要求行為、法的責任を超える不当な要求行為、詐欺・脅迫行為、業務妨害行為その他これに準じる行為を行ったとき。
 ⑥その他、お客様が日立製品研修を利用することについて不適切と日立が判断した場合。

10.受講規約の変更

 日立は、本規約その他の日立製品研修に関するお客様と日立との契約を必要に応じて変更できるものとし、お客様への通知をもって変更の効力が適用されることとします。また、日立は、本規約に別に定める場合を除き、本サイトを予告なしに変更できるものとします。

11.その他

  • 当事者の一方に、本規約その他の日立製品研修に関するお客様と日立との契約上の不履行がある場合には、書面による通知により日立製品研修のお申し込みを取り消すことができるものとします。
  • 日立は、日立製品研修の受講により、お客様が特定の知識や技術等を修得されることを保証するものではありません。また、日立製品研修がお客様保有の特定の目的に対し、適合・有益・最適等であることを保証するものではありません。これらはお客様の責任で決定いただきたくお願い申し上げます。
  • 本製品を輸出される場合には、外国為替および外国貿易法の規制並びに米国輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。また、本製品とは、研修で取り扱った知識・技術、スキル、テキスト教材および相当資料、eラーニングコンテンツとします。なお、ご不明な場合は日立担当営業にお問い合わせください。
  • 本サイトに記載されている会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■IT/ビジネス研修受講規約

1.IT/ビジネス研修修

 IT/ビジネス研修は、日立IAが指定する研修施設・設備を利用して開催する集合研修、およびeラーニング等の総称であり、IT/ビジネス研修ガイドに記載されたもの、またはその他日立IAが指定するものに限られます。ただし、日立IAは、これらを予告なしに追加、変更または廃止することがあります。

2.お申し込み・開催延期/中止

 IT/ビジネス研修の受講お申し込みについては、「お申込方法-集合研修e-ラーニング」に定めるとおりとしますので、ご参照ください。IT/ビジネス研修は本サイトに記載されている日程で開催されますが、日立IAがこの日程で都合のつかない場合には「日立講習会受講ご案内」(受講券)に記載する別の日程で開催するものとします。日立IAはお申し込み済のお客様に対して少なくとも5営業日前の予告をもってIT/ビジネス研修の開催を延期または中止をする権利を留保します。

3.受講料・消費税

 本サイトに記載されている受講料は、少なくとも開始日の10営業日前までに書面(電子メールを含みます。)による通知で変更される場合があります。IT/ビジネス研修の受講料は開始日における日立 IA所定の受講料が適用されます。お客様のお申し込みを日立IAがお受けした後に、受講料が変更され新受講料が発効される場合は、お客様が当該お申し込みを、少なくとも開始日の5営業日前に書面により取り消さない限り、新受講料が適用されます。受講料にはIT/ビジネス研修で使用する教材の代金および機械使用料を含みますが、ご受講者の交通費および宿泊費は含みません。IT/ビジネス研修の受講料に課せられる消費税等の租税公課は、お客様のご負担とします。なお、消費税率等が変更になった場合は、IT/ビジネス研修の開始日時点の新税率を適用した金額となります。

4.受講料のお支払いおよび返金

 受講料につきましては法人のお客様はIT/ビジネス研修ご受講後のお支払い(後払い)、個人のお客様はご受講前のお支払い(前払い)になります。IT/ビジネス研修の受講料は、お客様が日立IAからの請求書を受領後、お振込指定期日までにお支払いいただくこととします。前払いのお客様でお振込指定期日までにご入金の確認ができなかった場合は、ご受講できないことがあります。お振込手数料は、お客様のご負担とします。IT/ビジネス研修が、日立IAの責に帰すべき事由で中止された場合で、すでに前払いにて受講料をお支払いいただいている場合には、お振込みいただいた受講料を返金いたします。

5.キャンセル料

 キャンセル料発生日前日までにご受講お申し込みのキャンセルお申し出があった場合は、キャンセル料は発生いたしません。また、すでに前払いにて受講料をお支払いいただいている場合は、お支払いいただいている受講料からお振込手数料を差し引いた金額を返金いたします。キャンセル料発生日以降にキャンセルのお申し出があった場合はキャンセル料が発生いたします。前払いの場合はお支払いいたいた受講料は返金いたしません。また、後払いの場合は受講料全額を請求いたします。
 キャンセル料発生日はお申し込みになられたコースによって異なりますので、詳しくは「お申込方法-集合研修e-ラーニング」の「変更・キャンセル」の項をご覧ください。

6.責任の制限

 日立IAは、IT/ビジネス研修ガイドに記載された範囲(講座の内容等)でIT/ビジネス研修に関するテキスト教材、eラーニングコンテンツ等(以下、「IT/ビジネス研修教材等」といいます。)の更新と提供を行います。ただし、日立IAは、これらのサービスの有用性、目的適合性、正確性その他一切の結果を保証するものではありません。また、IT/ビジネス研修教材等もしくはIT/ビジネス研修における質疑応答の内容を合理的範囲で正確性を保つように努力するものとしますが、すべての誤りが訂正されることを保証するものではありません。また、日立IAはサービスを提供するにあたり、インターネット、データセンター、クラウドサービス等を利用しています。日立IAは、商慣習において合理的な努力を払って本サービスを提供しており、日立IAの責に帰すことができない事由によるサービス提供の停止については、損害賠償その他いかなる責任も負わないものとします。

7.著作権・その他知的財産権

 日立IAがIT/ビジネス研修で提供または使用を許諾する文書・印刷物・ソフトウェア・Webサイト・コンテンツ等(以下「IT/ビジネス研修提供資料等」といいます。)の著作権またはその他知的財産権は、すべて日立IA、または日立IAがテキスト教材、eラーニングコンテンツ、本サイトに記載する第三者に帰属しており、お客様は日立IAの事前の書面による許諾がない限り、いかなる形態においてもIT/ビジネス研修提供資料等の全部、または一部について転載および複製並び改変を行ってはならず、またIT/ビジネス研修提供資料等を第三者へ開示または提供(貸与や使用許諾を含みます)もしくは譲渡してはならないものとします。

8.損害賠償

 IT/ビジネス研修に関してお客様が被った損害に対する日立IAの損害賠償責任は、債務不履行、法律上の瑕疵担保責任、不当利得、不法行為、その他請求原因・訴訟形態のいかんにかかわらず、お客様に当該IT/ビジネス研修の受講料としてお支払いいただいた金額を限度とします。日立IAは、いかなる場合にも逸失利益、無体物に生じた損害、第三者からお客様に対してなされた損害賠償請求に基づく損害、特別損害等については、一切責任を負わないものとします。なお、日立IAは、当該損害賠償責任に代えて、日立IAが合理的と判断したIT/ビジネス研修の再提供を行うことができるものとします。

9.暴力団等の排除

 日立IAは、お客様またはその関係者が次の各号のいずれか一つに該当したときは、お客様へ何ら催告することなく、直ちに本契約を解除することができるものとします。
 ①日立IAおよび講師等の指示に従わないとき、または他の受講者に迷惑になるような行為、言動を行ったとき。
 ②公序良俗に違反、または犯罪に結びつくおそれのある言動を行ったとき。
 ③日立IAまたは日立IAの利害関係者へ誹謗中傷をしたと認められる事実があるとき。
 ④暴力団員、準構成員、暴力団関係企業、特殊知能暴力団その他これに準じる者、またはこれらの者と密接なかかわりを持つ者であることが判明したとき。
 ⑤自ら、または第三者を利用して、暴力的な要求行為、法的責任を超える不当な要求行為、詐欺・脅迫行為、業務妨害行為その他これに準じる行為を行ったとき。
 ⑥その他、お客様がIT/ビジネス研修を利用することについて不適切と日立IAが判断した場合。

10.受講規約の変更

 日立IAは、本規約その他のIT/ビジネス研修に関するお客様と日立IAとの契約を必要に応じて変更できるものとし、お客様への通知をもって変更の効力が適用されることとします。本規約に別に定める場合を除き、本サイトは予告なしに変更できるものとします。

11.その他

  • 当事者の一方に、本規約の不履行がある場合には、書面による通知によりIT/ビジネス研修のお申し込みを取り消すことができるものとします。
  • 日立IAは、IT/ビジネス研修の受講により、お客様が特定の知識や技術等を修得されることを保証するものではありません。また、IT/ビジネス研修がお客様保有の特定の目的に対し、適合・有益・最適等であることを保証するものではありません。これらはお客様の責任で決定いただきたくお願い申し上げます。
  • 本製品を輸出される場合には、外国為替および外国貿易法の規制並びに米国輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。また、本製品とは、研修で取り扱った知識・技術、スキル、テキスト教材および相当資料、eラーニングコンテンツとします。なお、ご不明な場合は日立IA担当営業にお問い合わせください。
  • 本サイトに記載されている会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。